MENU

男性型脱毛症の原因と対策

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)という、より強力な物質に変化することにより発症します。

 

男性ホルモンは、男性にも女性にも誰にでもあるものなで、特に男性の方が多いと言われています。つまり、基本的に男性は、全員薄毛予備軍であると言えるのです。

 

しかし、テストステロン自体が悪いのではなく、これがジヒドロテストステロンに変化することによって問題は生じるのです。この変化するかしないかは、放っておけば体質の違いとか、遺伝としか言いようのないものかもしれませんが、遺伝だけでは無いのも事実です。

 

何も対策をしていないのに、歳を重ねてもふさふさな方は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しにくかった体質とか、もしくは日々の生活習慣のバランスが取れていたとでも言えるでしょう。

 

逆に言えば、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑える事ができれば、体質的に薄毛になりやすい方でも男性型脱毛症は抑えることができます。そして幸いなことに、それを可能にする薬はちゃんとああるのです。

 

その治療薬はフィナステリドという成分なのですが、日本ではプロペシアという商品名で販売されています。現在国内では病院でしか処方されていません。

 

プロペシアの効果は科学的に証明されており、ほとんどすべての人に脱毛抑制効果が認められているので、薄毛対策の一つとして考慮されています。そして、最近ではさらに薄毛の方に効果的な治療法が開発されたのです。

 

従来の薄毛治療は、プロペシアの服用で、脱毛を抑制させて抜け毛を減らし現状維持、あわよくば発毛も期待できると言う治療方法だったのですが、最近は「発毛治療」が主流になってきています。

 

この発毛治療はどこの病院でも受けれる治療法ではなく、薄毛治療を専門としているクリニックでしか受ける事ができません。現在日本国内でも発毛治療を提供しているクリニックは数が少なく、まだあまり知られていないのが現状です。

 

しかし、発毛治療を試された患者の大多数の方が、薄毛を克服して、以前のようなフサフサだった頃の姿に返り咲ています。ただ、薄毛の進行を抑制させて現状維持を保つだけの治療に嫌気がさしている方は、薄毛を克服する為に発毛治療を試してみてはいかがでしょうか。

 

特にプロペシアでは満足していないと言う方に、おすすめの治療法です。気になる治療方法はプロペシア同様に治療薬の服用が主になります。また、治療費もそれほど高額ではなく、症状にもよりますがプロペシア療法とあまり変わりはありません。

 

東京で薄毛治療をはじめるには

2015/12/13 10:49:13 |
髪の毛の状態に関わる要素の1つは、血行の状態です血液の流れに問題が発生している場合は抜け毛が増える事があるのです。血行不良は髪の毛に対する栄養不足を生じさせててしまっているので、薄毛になってしまうのです。そもそも人間の髪の毛に対する栄養分は、血液によって運搬されているのです。ところがその血液の流れに何か問題が生じていると、栄養分の運搬が上手くいきません。それで髪の毛が弱々しくなってしまって、成長しきる前に抜け毛が増えてしまう事になります。どうすればその血行不良の問題を解消する事ができるのかというと、まず血液の流れを良くする為の食生活の改善という選択肢があります。血液の流れを良くしてくれる食材を...